川 柳児の 時事川柳 feat. ネタ & ダジャレ + @

『気まぐれに更新!!』 時事ネタ入りの、お洒落(ダジャレ?)な自作川柳をご紹介!
<< 最近は 巨人の選手も 分からない | main | もういい、て それこそ 他に あるやろう >>
高岡に マジで反論 してやろう
JUGEMテーマ:ツイッター


『今日の川柳』


韓流に
  

 それほど ふかは


          感じない


追記注) ここでの「ふか」とは、「付加」、「負荷」、「不可」のこと。

      どれでも結構ですので、お好きな言葉を、お選び下さいwww


元ネタ↓


ふかわりょうが韓流報道について


「テレビは完全に終わった」




サーチナ 8月1日(月)10時44分配信


 芸人のふかわりょうが韓流報道について自身のラジオ番組『ROCKETMAN SHOW!!(ロケットマン・ショー)』にて苦言していたのでそちらを紹介したい。番組内で「ある局」と念を押した上で次のように発言した。

 「公共の電波を用いて私腹を肥やすようなことは違反だと思うんですね。例えば自分の曲を毎回フルコーラスでかけてますが、それとどう違うのかと。それは単純に量の問題だと思うんですよ。日本はそういったブレーキを掛ける機関が働いていないんです。やっぱりテレビは時代を映す物ではないなと思った。完全に終わったなと思いました」と現在のテレビのありかたに述べた。この意見は瞬く間にネット上に広まり、これに賛同する者がでてきた。


記事全文(出典)⇒ 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000018-scn-ent

---------------------------------------------------------------------------------------

『SENちゃんのコメント』

 なんだか、この話題ホットですね。センちゃんもこの件については、言わせてもらいます。高岡の時は、彼の名前を使って川柳作れなかったので、言う機会を探していました。


 センちゃん、KARAのファンだからって、別にK−POPに傾倒してるわけじゃない。特に男性グループは、全然区別がつかないし(特にあのダンスには飽きた。)、韓国のドラマは一切見ない。

 フジテレビが「韓国の放送局かと思うくらい、韓流に染まっている」とは思わない。少なくとも朝から14時までは、日本のコンテンツでしょう?

 それでももし、フジテレビに韓国制作番組の放送が多かったとして、別にかまわんやん。面白くなかったり気に食わなきゃぁ、チャンネル変えればいいだけの話。昨日もコメントしましたが、今の日本にはたくさんのチャンネルがあるんだからね。
 

 それよりセンちゃんが気に食わないのは、やっぱ、この話題の発端となった
高岡蒼甫。誤解されることを恐れずに言うが、この人はポリシーがないというか、後のことを考えないと言うか、もしかしたら確信犯で売名行為をしているのか知らんが(知りたくもないが)、ま、簡単に言うと「頭が悪い」。

 「パッチギ」に出演した時は、「日本が嫌い」と韓国寄りのコメント。

 そして今回は、「韓流に流されることなく、国民が賢く判断していってくれる事を望みます」って、お前一体どっちやねん、と。


 それからセンちゃんが一番頭にきたのは、これ。

 高岡本人は、今ニューヨークにいて、舞台の仕事をしていたらしい。それって、観客はすべて日本人なのか?当然アメリカ人にも観せてるだろう?

 にもかかわらず、こやつは、こうつぶやいている。

 「
けーPOPてめーの国でやれ」 

 なんじゃそれ?

 こやつ、NYで舞台やってて、「日本の舞台なら、てめーの国でやれ!」ってアメリカ人に言われたら、どう応えんねん?

 もしかして、日本人が海外で公演したり、日本のテレビでアメリカの映画は流してもいいけど、韓国の映画、ドラマ、そしてKポップが日本に入ってくるのはダメって事? まさか! 冗談はよしこさんやで。

 フォロワーの人たちやメディアは、なんで彼にそこんとこをつっこまんのん?

 宮崎あおいも、よ〜も、こんな支離滅裂な奴と結婚したなぁ...彼女の品格さえ疑うで、ほんま。ま、彼女のファンじゃないし、可愛いとも思わんからどうでもいいけど。

 
 最後に言いたい。こやつ、高岡の思想は非常に危険だ。

 毎日たくさんの事故、事件があるから、みんな忘れてるかも知れんが、10日ほど前に起こったノルウェー、オスロでの乱射事件。大量の犠牲者が出た。

 その犯人の動機が
「反イスラム」や「移民排斥」。つまり自国の文化を守るために、多文化を排斥することであり、その意味では、高岡とまったく一緒の思想。

 もちろん、日本独自の文化を守ることは大切。しかし、同様に他国の文化の価値を認め、それを受け入れる度量も必要だと、こやつは知るべきだ。


 高岡はこうも言っている。


 「(芸能界を)干されたら所詮そんな世界って事」。

 じゃぁ、センちゃんはこう反論しよう。

 そんなことはあり得ないけど、万が一、日本文化が他国の文化の流入によって侵されるようなヤワなものなのであれば、

 「所詮そんな文化って事」。

-----------------------------------------------------------------------------------------

『ブログランキング』

 『今日の川柳』や、書き込みが「面白い!」、と思ったら、下記のバナーをポチっとクリック願います。
(どれでも、いくつでも押して頂いて結構です)


            

------------------------------------------------------------------------------------------

『関連してたり、してなかったり。音楽/映像の部屋』

 関連映像。センちゃん、自分の度量の広さを見せるために、あえて、センちゃんと反対意見のコメントが多い映像を貼ります。

http://www.youtube.com/watch?v=QJd38ZF0ZJ0


 センちゃんは思います。もし、メディアが韓国文化を「ごり押し」していたとしても、日本人はそれに洗脳や侵されることなく、独自の文化を守り続ける度量と技量があると、確信しています。

 そして、韓国が話題になったら、センちゃんのお決まりは、KARA。

「ジェットコースターラブ」  2011

http://www.youtube.com/watch?v=rxDSgbIe-vQ&feature=related

 今ふと気付きました。「韓国ごり押し」論が本当だとし、「洗脳」される(とは、センちゃんは思わないが)のを怖れている人たちに言いたい。

 「なんだかんだ言うて、Kポップのグループは、日本語で歌ってますやん。それはすでに日本文化を先方が受け入れているっ、てことじゃないんですか?」と。


-
-----------------------------------------------------------------------------------------

↓ 関連記事を扱っているブログ・サイト および 関連する動画の紹介

http://oreshiten.blog47.fc2.com/blog-entry-255.html#trackback 

| 川 柳児(センちゃん) | 日本以外のアジア圏の美女たち(KARAの曲含む) | 06:41 | comments(3) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:41 | - | - | pookmark |
お久しぶりです。

俺的に簡単に言うなら「やりすぎは逆効果」かなぁ。

冬のソナタやBOAなどに始まり、東方神起やそれに続くアーティストやドラマ、あとは旅行とか料理とか、韓国ブームはたしかにあったと思うけど、それを利用して無理矢理やりすぎた結果がこうなったような気がする。

おかげで韓流離れも進むだろうし、このニュースを見た韓国人の反感も買うだろうしね。

十分に韓国文化は浸透してきたし、ほどほどで良かったんじゃないかなと。

高岡に関してはほぼ同意ですw
| | 2011/08/22 1:40 PM |
俺、つぶやかないよ。
| 関根潤三 | 2011/09/07 1:32 PM |
関根潤三様

???


川 柳児 より
| 川 柳児 | 2011/09/08 6:02 AM |









トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/08/03 9:39 PM |
韓流ブームについて
高岡蒼甫とふかわりょうの発言が話題になってる。 高岡蒼甫が韓流ブームに苦言 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110726-00000017-rbb-ent  俳優の高岡蒼甫が、Twitterで国内における韓流ブームを非...
| [+] 俺視点 - GOING MY WAY | 2011/08/22 1:30 PM |
+ SELECTED ENTRIES
 
+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ LINKS
BS blog Ranking
+     
+ お勧め商品
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ PROFILE
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
+ ARCHIVES
PAGE TOP